2-1 キーワードとデータ

檜にまつわるキーワードとデータ

2章からは、檜にまつわるキーワードをたどりながら、生活にちょっと役立つ作品づくりを行なってみたいと思います。せっかく檜で作品を制作するのですから、檜の良さを最大限に引き出したいものです。天然木だからこそ、楽しめる効果効能を作品づくりに活用してみませんか?

名前 ヒノキ、檜、Japanese cypress
学名 Chamaecyparis obtuse
科名 ヒノキ科
抽出部位 木・枝・葉
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート ベースノート
注意事項 妊娠中は避ける、刺激強
香り 【樹木系】甘さとスパイシーさをもつフローラル調の香り
主な成分 【モノテルペン炭化水素類】αピネン(木部)、サビネン(葉部)、リモネン、ボルネオール、酢酸ボルニル、ネロリドールなど
陰陽
チャクラ 第3チャクラ(第4チャクラ)
ブルー、グリーン

*参考資料:http://www.timeless-edition.com/archives/1924
*東京檜では専門外の部分は参考資料として、閲覧数の高いサイトをリンクさせていただいています。

檜のかんなくず

檜はすべてが活かせる、かんなくずもその一つです。
超薄板は製造の最終行程で「超仕上げカンナ」をかけ、木肌を整え、艶が出るように仕上げます。このときの副産物が紙の厚さ程の極薄の檜ペーパーです。下記の写真は檜ペーパーを丸めて、2cm程度にカットしたものを瓶に積めたかんなくずの照明です。ほのかに檜の香りが漂う照明は、ほっと一息つけるやさしい光を放ちます。

20160913